18.Apr.14 11 hours ago
,,

もう20年ほど前の話。
冷戦という長いが無い戦争が終わったらソ連が消滅して、
ロシアという超ビンボーな国家が生まれた頃の話。

霞ヶ関での出張打ち合わせを終え、愛しの故郷・味噌県へ帰る前に
遅い昼飯を食べようと東京駅をうろついていた。

案内板の前で、どうもアメリカ人とは雰囲気の違うガタイの良い外国人集団がオロオロしている。
で、その中の一人(以下、オジサン)と目が合ってロックオンされた。
ゆっくりした英語で「皇居へ行きたいんだが、ドコ?」と訊ねられた。
自分も英語は「あー行って、こう曲がって」と説明出来るほど上手くない。
面倒くさいんで、「そこへ一緒へ行ってやるからついてこい」と英語で言った。
オジサン、(*゚∀゚)な顔して、仲間に何か言った。
ここで、どうやら彼らはロシア人だと分かった。
スパシーボ! ハラショー! とか聞こえたんで。

自分が先頭になって八重洲口から千代田のお城へ案内。
途中、オジサンとお互いたどたどしい英語で会話。
自分「観光?」
オジサン「ビジネスだよ。ロケットのセールス」
自分「ロケット・エンジニア?」
オジサン「イエス。エンジン作ってるよ」
今度は自分が(*゚∀゚)=3 ムッハー となる番。
ミリオタ兼宇宙オタとしては、旧ソ連驚異の宇宙技術が
横を歩いているんだから興奮しないはずはない。

自分「おー! コリョロフ、ガガーリン! すぷーとにっく!」
オジサン「イエス、ダー、ダー!」
オジサン、仲間に「この日本人、同志コリョロフを知ってるぞ!」とか何とかと話したみたい。
そしたらお仲間さんも(*゚∀゚)な顔。
でまぁ、お堀の前まで来て、「ジス・イズ・皇居」と指さして別れた。
別れる前に握手攻めになって、セールス用に持って来たであろうパンフを1部貰った。
帰りの新幹線でしげしげと見たけど、何とも垢抜けないデザインだし、
紙の質も印刷も酷かった。

つーか、ロシア語読めない(´・ω・`)。

彼らのセールスが上手くいったかどうかは知らない。
だけど、日本がロシア製大陸間弾道ミサイルを購入するというニュースは
ついぞ聞こえないから、残念な結果になったんだと思う。

18.Apr.14 11 hours ago
18.Apr.14 11 hours ago
18.Apr.14 12 hours ago